響きのカタチ



そよぐ風に誘われて

小道を抜けたその先に

聳えていたのは一本の

大きく包むけやきの木


その大木の根元には

水がこんこんと湧いていた


揺れる砂粒

波紋のようにひろがる水面 そこに映る緑の葉

途絶えることなく巡る清水


それをわたしの中に透していく

からだがだんだん透けていく


水の音に耳を澄まし

からだの中の響きを感じる



「響きのカタチ Ⅱ」

三部作のうちの一枚です



◆Yu Su Ra 往き交う素粒子展◆ 2021.10.13(水) - 10.17(日)

11:00 - 19:00 ※最終日17:00まで

gallery & cafe 空のいろ

福岡県福岡市中央区赤坂3-6-37

092-981-3269


水を媒質として、アクリルや墨などを用いた作品を、20点ほど展示します 様々な水のカタチをお楽しみいただけると嬉しいです


5 views0 comments

Recent Posts

See All