Yu Su Ra

移ろい巡る自然の営みの中を
ゆっくりと歩く

呼吸が徐々に深まり
からだも心も解かれる

内面の霧は次第に晴れ
本質的なじぶんへ戻っていく

土を踏むやわらかな感触
揺らめく木々の囁き
風の匂いや温度
水の粒子の光彩

全身の感覚が目覚め
目に見えないものを感じはじめる
そして
魂に何かが触れたとき
​私の中の素粒子たちが自然と往き交い
交信をはじめる

それを言葉に表すことがもどかしくて
私は絵を描く

自然から感じ取った
質感、響きや揺らぎ、波、微細な粒・・
魂に触れた言葉にならない感覚を
再び感じて描くことで
癒され続ける

そうやって
目に見えないものが

私の魂を循環し
露われる絵を透して
自然な感覚が満ちますよう

そんな祈りとともに
私が在れますように

​Yu Su Ra
CONTACT

Thanks for submitting!